FC2ブログ
勝利へのガイドポスト ~情報版~
商品先物取引関連の記事を掲載しています。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場戦略
10月13日(木)

▼石油製品
NY原油先物相場は、米エネルギー情報局(EIA)が発表した月報で、2005―06年の全世界の原油需要伸び率(前年比)は、04年の3.2%増に比べて鈍化するものの、年平均1.8%増になると分析したことで、需要増加の予測が買い材料となり、11月は前日終値比0.59ドル高の64.12ドルで引けました。
日本市場は、NYガソリンやヒーティングオイルが弱含んだことや、NY原油の夜間取引が軟調に推移したことで売り優勢で寄り付きました。しかし、後場に入るとファンド筋と思われる買い戻しに値を切り上げ、結局、ガソリン先限は前日比70円安の57950円、灯油は同740円高の55880円で引けました。

[ガソリン]
主な取組は、岡地が467枚の売り越し、三菱Fが857枚の売り越し、三井Fが1453枚の売り越し。
◆店じりは、売り:30店、買い:37店。
目立った手口では、岡地が1700枚の売りで途転売りに、三菱Fが1550枚の買い戻しを行なっています。

[灯油]
主な取組は、岡地が350枚の売り越し、ひまわりが2601枚の買い越し、三菱Fが1240枚の買い越し、丸紅が1349枚の売り越し。
◆店じりは、売り:36店、買い:34店。
目立った手口では、三菱Fが2211枚の買いで途転買いとなっています。

●テクニカル分析
ガソリンは、前場の下落により一目均衡表の雲上限を下抜けたことで売られ易い展開が続きましたが、後場にかけてファンド勢と思われる買いに再び均衡表の雲上限を上方ブレイク。これにより、ボリンジャー・バンド2σ下限からの反転、各指数の売られ過ぎ圏からの切り返しを確認し、売買は一気に逆転し買い優勢の展開で大引けしています。
目先は、上記のテクニカル指標で買いが優勢となっているため、高値圏でのレンジ相場を形成する可能性が高まります。短期的には買いで攻めるのも一考、レジスタンスとしては20日移動平均線を上抜ける力があるか注目されます。


▼とうもろこし
前場は上値警戒感から売り優勢の展開が続きましたが、後場ではファンド筋と思われる買いが入り、先限は前日比20円高の16540円で引けました。
農務省の需給報告でアナリスト予想より若干内容が悪かったものの、生産高、在庫高の内容は予想とほぼ変わらずでした。
明日は、当ぎりの納会になります。国内の在庫が減少しているとのことで高納会になるか注目されます。

主な取組は、岡地が4951枚の売り越し、三菱Fが2211枚の買い越し、三井Fが5916枚の買い越し、豊が3821枚の買い越し。
目立った手口では、三菱Fが819枚の買い増し、三井Fが946枚の買い増し、豊が888枚の買い増しを行なっています。

ちなみにCFTCの4日までのポジションは、大口が19,022枚のショート(ベア)でBullish:47%、当業者が77,885枚のロング(ブル)でBullish:55%でした。

引き続きファンド勢の動きが注目されます。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fffutures.blog4.fc2.com/tb.php/192-569ba0a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

商品先物取引&為替取引

  • Author:商品先物取引&為替取引
  • オンライントレード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。