fc2ブログ
勝利へのガイドポスト ~情報版~
商品先物取引関連の記事を掲載しています。
11 | 2023/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

相場戦略
6月14日(火)

▼石油製品
WTI原油先物は、ディーゼルやジェット燃料の需要拡大観測を背景に急伸したヒーティングオイル先物や大統領選挙を控えたイラン(主要産油国)で連続爆弾テロが発生したことを買い材料に約1カ月半ぶりの高値を付けました。WTI7月当ぎりの終値は前週末比2.08ドル高の55.62ドルでした。
日本市場は、WTIの上昇を受けて、原油、ガソリン、灯油ともにストップ高となりました。
目先の材料としては、15日にウィーンで開催されるOPEC総会です。イラクを除く10カ国の生産枠を現行(日量約2750万バレル)から50万バレル引き上げる見通しですが、既に約2800万バレルを生産されているため大きな影響はなさそうです。

[ガソリン]
主な取組は、岡地が1730枚の売り越し、ひまわりが1934枚の買い越し、三菱Fが4707枚の買い越し、萬成が2022枚の買い越し。
[灯油]
主な取組は、ひまわりが4150枚の買い越し、三菱Fが6254枚の買い越し、萬成が2273枚の売り越し。

テクニカル面では、
ガソリンは、高値を更新しているため、4月6日高値の49870円(100%戻し)が視野に入ります。
灯油は、52000円がレジスタンスラインとして働いているため、高値圏での保合いとなっています。上下どちらにブレるかが注目されます。
総合的には、高値圏での保合いが予想されるため、短期での逆張り手法が有効と考えられます。また、短期でのガソリン買い:灯油売りの鞘(ストラドル)取引が有効と考えられます。

  [鞘(サヤ)取りの種類]
  a.限月間(スプレッド)
  b.異市場間(アービトラージ)
  c.異銘柄間(ストラドル)

今日の言葉:
期先の値上がりの後、ストップ安した場合、押しを形成することが多い。すなわち、買い玉の利食いポイントとよむ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fffutures.blog4.fc2.com/tb.php/105-86ecd1e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

商品先物取引&為替取引

  • Author:商品先物取引&為替取引
  • オンライントレード

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する